インスタレーション + パフォーマンス : « ∫ »
クリエーション2004年/於パリ日本文化会館/20分
パリ市海外文化週間参加行事 « Dance and media, Cultural Mix from Tokyo » 内にて上演
Menumenujp.html
HomeYuka_TOYOSHIMA.html
Worksworksjp.html
Portraitportraitjp.html
Nuit Blanche Paris 2010 
HELENA Installation & Projection Video
Nuit Blanche Official website  :
http://nuitblanche.paris.fr/http://nuitblanche.paris.fr/

日本の神話や伝説を典拠とする能の古典物語を解釈し、原典から独立した現代のヴィジュアル・ストーリーとして映像作品化することを目的に始動したプロジェクト « HELENA »。言葉を介さない « HELENA » の映像作品は、断片的で抽象的なイメージを紡ぎながら、感覚的かつ直感的に察せられるダイナミズムをもつ、ある種のメタファー的なストーリー性を、いつしか各々の視聴者に喚起する。


パリ市主催第9回 « Nuit Blanche Paris 2010 » アソシエーション・プロジェクトとして、« HELENA » インスタレーションは、パリ市最大の12世紀の城壁跡 Enceinte de Philippe Auguste(フィリップ・オーギュストの城壁)を会場に、この歴史的なモニュメントをそのままスクリーンとして使用。能という日本の中世に生まれた文化を原典とする « HELENA » の映像作品と、パリの中世遺跡が、現代アートのインスタレーションとして、無時間的な空間の中に融合し、中世の城壁を一夜、再び躍動させる。


« HELENA » 映像作品と共に、高さ7メートルの城壁から瀑流し、地面へと砕け散る瀧の映像を配置。『常にそこに有りながら、刻々と変化をやめない』という阿頼耶識(仏教唯識にみられる、人間存在の根本にあるとされる識)を象徴しながら、« HELENA » の物語の傍らに、これらの瀧が流れ続ける。

神話に結びつく集団的な無意識を沸き起こさせるかのインスタレーション、映像による象徴空間を目指している。

HELENA
Nuit Blanche 2010 正式プログラム/アソシエーション・プロジェクト
2010年10月2日(土)19時~翌朝7時
会場:Enceinte de Philippe Auguste / TEP Jardins Saint Paul - 9, Rue Charlemagne 75004 Paris 
インスタレーション技術監督 : Nicolas Barraud
Nuit Blanche 主催:パリ市
プロジェクト支援:笹川日仏財団、公益財団法人 野村財団、Panasonic France S.A.S.
予告編を見るNuit_Blanche_jp.html
会場録画を見るNuit_Blanche_jp_2.html
ダウンロード : 
Libération 紙
 (PDF/2.1 MB)Insta-perfojp_files/LIBERAT1.PDF
笹川日仏財団
インタヴュー ・ページhttp://www.ffjs.org/index.php?section=itws&detail=1&itemid=1&visiteur=5e5fc160cec59552eff40f5a3d1f66a8
クリエーション
+
コラボレーションcreationjp.html
© Déborah Lesage/MAIRIE DE PARIS

コンセプト


かつての儀式や祝祭的空間においては、人々は仮面や装束を用いることによって、神々や精霊、伝説上の人物といった実体のない存在を空間に出現させ、いわばある種の《ヴィジョン》を現前させた。HELENAパフォーマンス作品は、様式的、儀式的な空間を、パフォーマンス作品として現代化することを目指し、空間に《ヴィジョン》を出現させる仕掛けと手法を見いだす試みである。本作品では、夢幻能(神、鬼、亡霊など現実世界を超えた存在が主人公である能)のパフォーマンス化をめざし、能の『松風』を土台の物語として用いている。舞台には二人のダンサーと、ミュージシャンが一人。何ら装飾も装置もない無の空間にて、ダンサーは儀礼的かつコード的なジェストを、ミュージシャンは、メロディーではなく断続的または波動的な音を繰り広げる。パフォーマンスの経過にともない、照明そして映像により、いつしか結界的な区分が空間にあらわれ、ダンサーと対話するかに生き生きと、ある種の《ヴィジョン》が存在し始める。原典『松風』の物語展開がもつダイナミズムを、色と線のバリエーションからなるアニメーションにし、視覚的譜面として制作。この譜面において、色は場の色(雰囲気)が辿るべき進行を表し、線は緊張の強度の進行を表している。その譜面の実行をもって、パフォーマンスの時間進行の土台としている。


« Epiphania » epiphaniajp.html
« TOKYO MON AMOUR » tokyomonamourjp.html
« Interfuit » interfuitjp.html
インスタレーション & パフォーマンス
« Labrys » labrysjp.html
« Vita Nova » vitanovajp.html
朱
コンセプト/アーティスティック・ディレクション:豊島由佳
振付:松尾尚司
出演:松尾尚司、松本充明、丹羽真矢
音楽・アニメーション・技術:Mathieu MARTIN
照明:佐野裕子