Menumenujp.html
HomeYuka_TOYOSHIMA.html
Worksworksjp.html
Portraitportraitjp.html
『三月の5日間』岡田利規 /演出 Jérôme Wacquiez
出演 : Charlotte Baglan, Justine Barthélémy, Alice Benoit, Christophe Brocheret, Nicolas Chevrier, Florient Jousse, 
川相真紀子
衣装 : Flo Guénand
照明/テクニカル・マネージャー : Stéphane Petit
音楽 : Léandre Vaucher
映像 : 豊島由佳newsjp.html
後援 : Conseil régional de Picardie, Conseil général de l’Oise, Ville de Compiègne, Spedidam, ESAD
レジデンス : Maison de la Culture et des Loisirs de Gauchy, Théâtre du Chevalet de Noyon, Ziquodrome de
Compiègne, Maison du Théâtre d'Amiens, Maison des Arts et Loisirs de Laon, Mail de Soissons
クリエーション・レジデンス : Ziquodrome de Compiègne, janvier 2013 
Maison des Arts et Loisirs de Laon, avril 2013 & octobre 2013 
Maison du Théâtre d’Amiens, octobre 2013 
Mail de Soissons, janvier 2014 
ツアー公演 : Forum de Chauny - 14 janvier 2014
Maison des Arts et Loisirs de Laon - 4 février 2014
Espace Jean Legendre de Compiègne - 18 avril 2014 
Espace Alya - Festival Off d’Avignon 2014
Comédie de Picardie d’Amiens - saison 2014/2015
Maison du Théâtre d’Amiens - saison 2014/2015
コープロダクション : Maison des Arts et Loisirs de Laon Forum de Chauny
イラク戦争が始まった2003年3月、『ジェネレーション Y』の若い二人の日本人が六本木のライブで知り合う。二人はそのまま行きずり的に、渋谷のラブホテルに5日間泊まり続ける…。
アミアン市立コンセルヴァトワール演劇部門、Jules-Verne ピカルディー州立大学舞台美術部門
第一次世界大戦をテーマとする教育プロジェクト - 公演のための映像制作
« Paul Retault - Matricule 15792, classe 1902 »
『三月の5日間』岡田利規  - Compagnie des Lucioles - 2014年 新作公演のための映像製作creationjp.html
Website Compagnie des Lucioles http://www.compagnie-des-lucioles.fr/index.php
« TSUJI GA HANA » 辻が花 - 国立高等装飾学院
国立高等装飾学院でのこの日本の伝統染色法のワークショップは、二つの主だった教育的な狙いに呼応する。テキスタイルの技術の獲得、そして研究・革新・経験的なアプローチにより、それを超えていくことである。生徒達は日本人作家の福村健氏より、数世紀を経て続く着物の染色技術である辻が花の匠を学ぶ。
« Élise ou la vraie vie » Ginkgo Biloba Théâtre - 公演プロモーション映像製作

2015 - France - Documentaire - 31 min - Couleur - Stéréo - 16:9 - HDV

映像製作: Yuka TOYOSHIMA

プロダクション: École Nationale Supérieure des Arts Décoratifs

パートナリア:la Fondation franco-japonaise Sasakawa

支援: la Fondation Bettencourt Schueller

全編を見るhttps://vimeo.com/152551216

© L’École nationale supérieure des Arts Décoratifs 2015

スーパーの倉庫で、小説『エリーズ、もしくは本当の人生』の最後のページをめくってうたた寝を始めた、一人の従業員。すると、エリーズが出現さながらに、浮かび上がり、彼女の人生を激変させた1957年から58年のアルジェリア戦争の時期を、物語り始める。若い田舎娘が上京しベルトコンベアー工場で仕事をはじめたこと、プロレタリアとしての女性の環境、周囲をめぐる差別、雇用状況、そしてアルジェリア工員との恋愛‥エリーズが再び、その時代を生き始める。 今日においてもなぜ、エリザの物語は心を打つのだろう?我々の人生は、本当の人生なのだろうか?
Website Ginkgo Biloba Théâtrehttp://www.ginkgobilobatheatre.com
作 Claire Etchrelli (Ed. Denoël 1967)
翻案・演出・美術および出演 : Eva Castro
コラボレーション : Carole Leblanc et Philippe Renault 
美術 : Valérie Valéro
音楽 : Fanny Rome
挿入歌 : Fadila Dziria
照明 : Jean-Marc Oberti

copyright ©Ginkgo Biloba Théâtre 2015 All Right Reserved.

辻が花ワークショップ・ドキュメンタリー映像製作
クリエーション + コラボレーション
2015-2014
2/5 PAGES
▶︎creationjp_13_12.html
◀︎creationjp.html
2/5 PAGES
▶︎creationjp_13_12.html
◀︎creationjp.html